アラフォーワーママのブログ

育児・英語・絵本・アラフォーの美容などについて

【子どもの紫外線対策】ママバター日焼け止めアロマインを使用した感想

こんにちは。アラフォーワーママのミドリです。

日差しが強くなってきて、園でも外遊びの時間が長くなってきましたね。そこで気になるのが子どもの紫外線対策です。

我が家では、娘には、去年からママバター(MAMA BUTTER)のアロマインUVケアを使っています。(ちなみに、ワーママはスキンケアできる日焼け止め「リシェルMAM&BABY」 を使用中!)

天然の保湿成分シアバターが配合された日焼け止めで、乾燥しがちな子どものお肌を乾燥から守ってくれます。しかも虫除けも入っていて、1本2役が未満児の外出準備にはお手軽です。

クリーム、ミルク、ミストの3種類があるので、どのタイプがよいか迷ってしまうという方もいらっしゃると思いますが。

今日はそんな方のために、ママバターの日焼け止めアロマインタイプ3種(ミルク、クリーム、ミスト)すべてを使用したことがある我が家の体験談を紹介したいと思います。

 

ママバターUVミルク・クリーム・ミストどれを選んだらよいかの基準は?

一般的に、日焼け止めのミルク、クリーム、ミストの違いは塗りやすさと落ちにくさ」にあります。

◆ミルク・・・乳液状で塗りやすいが落ちやすい。

◆クリーム・・・しっかり塗れて落ちにくいが、その分伸びが悪く塗りにくい。

◆ミスト・・・液状なので一番塗りやすいが、その分落ちやすい。

子どものお肌はデリケートなので、できるだけ摩擦は避けたい。また、お出かけ前の忙しい時にサッと塗れるかどうかは重要なポイントだと思います。

また、落とすときに専用のクレンジングが必要な日焼け止めはお肌への負担がそれだけ大きくなります。ただ、お湯などで落とせる日焼け止めは、汗でも落ちてしまうので、紫外線対策としてどうかなと心配になってしまいます。

この辺は個人の価値観によって異なると思いますので、塗りやすさを重視するか、しっかり日焼けを防止したいかを軸に考えるとよいと思います。

ちなみに我が家では、塗りやすさ、お肌への負担の少なさを重視して、UVケアアロマインミスト をリピートしています。

ママバター日焼け止め3タイプの使用感

クリームはしっかりしているというより、すこしボソボソする感じで伸びが悪く、日焼け止めを嫌がる子どもの手足に広げるのは困難だと思います。

ミルクはまあまあ伸びが良く肌馴染みもよいのですが、それでもミストと比べると少し時間がかかります。

他の2つと比べると、液状なので落ちやすさが気になりますが、それでも朝の一番忙しい時間帯に一番手早く塗り広げることができるのはミストなので、我が家ではミストをリピートしています。

ママバターUVケアアロマインの日焼け止め効果

ママバター日焼け止めアロマインはタイプによってSPFが異なります。

ちなみに、SPFとは「紫外線にあたってお肌が黒くなり始めるまでにかかる時間を示す数値」です。

SPF1=20分」になるので、SPF20というと「SPF20×20分=400分(約6.6時間)」という計算になります。

子どもの場合は汗をたくさんかくので日焼け止めが落ちやすいのですけど、1時間の外遊び程度であれば、十分なSPFなので、我が家では特に不満はありません。

ママバター日焼け止めアロマインの虫除け効果

「完璧に防御できる」というわけではなさそうです。でも、つけていない時よりは、刺されていないのかな(?)と思います。

ママバターの虫除けは5種類のハーブを使用しています。デリケートなお肌の乳幼児や子どもには安心して使えるところが高ポイントです。

ちなみに、市販の虫よけスプレーには虫除け成分としてディートという化合物が使用されています。ディートは「6カ月未満には使用しないこと」「6ヶ月~2歳未満には1日1回の使用」が注意点です。

大人でも敏感肌の方など肌トラブルが出やすい方にはディートはお勧めできないことから、子どもにはできるだけ使用したくないと思っています。

UVケアキャンペーン中

4月6日(金)~5月7日(月)まで対象のUVケア商品が送料無料か特別価格になります。

紫外線対策はこれからが本番!12%OFFになっているUVケア商品が多数あるので、この機会にまとめて買って、この夏の紫外線を乗り越えましょう♪

 

ママバターはシンシアガーデンの通販サイトから購入可能です。下のリンクをクリックすると、キャンペーンサイトに行くことができますよ。

 

ママバターUVケア