アラフォーワーママのブログ

育児・英語・絵本・アラフォーの美容などについて

赤ちゃんから子どもまで!3種類の鼻水吸引器を実際に使ってみた感想

f:id:aroun40workingmother:20171030210619j:plain

こんにちは。アラフォーワーママのミドリです。

赤ちゃんや鼻がかめない子どもの鼻づまりが気になる季節ですよね。

わが家の2歳児も最近お鼻がズルズルしています。

まだ鼻がかめない乳幼児の場合は、鼻水吸引器を使ってこまめにお鼻の掃除をしてあげることが非常に大切です。

とはいえ、市販の鼻水吸引器って本当にたくさんあるんですよね。

ワーママは娘がまだ0歳の頃から今に至るまで、鼻水吸引器についてはいろいろ悩んできました。

その結果、全部で3種類の鼻水吸引器を購入し、娘が2歳になった今は3種類とも併用しています

ワーママと同じように鼻水吸引器についてお悩みのママに、ワーママが使用している3種類の鼻水吸引器について、それぞれのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

 

 

鼻水吸引器を使用するメリット

赤ちゃんや小さな子どもは風邪を引いて鼻水が出ていても、鼻をかむことができません。ですから、大人が鼻水を吸引してあげる必要があります。鼻水吸引器の使用には次のようなメリットがあります。

  • 中耳炎予防になる。
  • 副鼻腔炎予防になる。
  • 病気の早期回復につながる。
  • 赤ちゃんや子どもが夜ぐっすり眠れるようになる。
  • 赤ちゃんや子どもの鼻粘膜を傷つけることなく、鼻水を取り除くことができる。

鼻水吸引器の種類

鼻水吸引器には、手動タイプと電動タイプがあります。電動タイプのものには、電池式のもの、コンセントにつなげて使用するもの、充電式のものがあります。

一般的に、手動タイプのものが最も価格が安く数百円くらいからあり、ドラッグストアでも購入可能です。電動式のものになると4千円ぐらいから一番高いもので7万円以上もするものもあります。

我が家で使っている鼻水吸引器

娘が0歳の時から娘の鼻水鼻づまりに関しては悪戦苦闘してきました。ここではワーママ家でこれまでに購入&使用してきた鼻水吸引器を、購入順にご紹介します。

ママ鼻水トッテ

【価格】612円(Amazonにて)

【種類】手動式

【メリット】安くて手軽。

【デメリット】子どもの風邪がママにも感染しやすい。

赤ちゃんの鼻水鼻づまり対策と言えば「これ!」と言うほど有名なものです。

ダブルチューブになっていて、丸い先端を赤ちゃんや子どもの鼻に入れ、四角い先端をママがくわえて口で吸うタイプの吸引器です。

先端が柔らかいゴムになっているので、赤ちゃんや子どもが動いても鼻の粘膜を傷つける心配はありません。また、丸い形状なので、奥まで入ってしまう心配もなく安心して使えます。

赤ちゃんや子どもが寝転がった状態でも使えるし、口元で吸引力を調整できるのも便利です。

分解して洗うことができるので衛生面も安心です。

ワーママはこの吸引器にずいぶんお世話になりました。娘が1歳8ヶ月になるまでは、これだけで過ごしていました。

でも、ワーママが風邪をもらう回数が増えてきて仕事に影響するのがだんだん心配になり、風邪が感染しないタイプの鼻水吸引器を購入することにしました。

メルシーポットS-502

【価格】14,400円(Amazon最安値)

【種類】電動(コンセント接続タイプ)

【メリット】粘着性の鼻水もしっかりとれる、ママに風邪が感染しない

【デメリット】値段が高い、パーツが多いのでお手入れが面倒、音がうるさい、大きいので持ち運びが不便

2017年9月にメルシーポットS-503が新たに発売されました。操作性・デザインが改良されて、サイズがひとまわり小さくなり、吸引力も強くなったようです。本体に描かれた赤ちゃんのイラストがキュートです。

正直、デザインで決めました

使用する時には様々なパーツを組み立てなければならない、水を用意しないといけないなど準備に手間がかかりますが、吸引力がとても強く粘り気のある緑色の鼻水でもグングンとれます。

何度か使用しているうちに、まったく吸引できない時もあって焦りましたが、パーツがきちんと入っていないため完全な真空状態が作れていなかったのが原因でした。

鼻水鼻づまりがひどい時には大活躍ですが、2歳の娘はこの吸引器が大嫌い。

逃げ回る娘を追いかけて捕まえて、機械のところまで連れてくるのに一苦労、その後押さえつけて鼻を吸うのにまた一苦労。

やっと吸えるかと思いきや接続がうまくいっていなくてやり直さなければならなくなって娘に逃げられる、というのを何度か繰り返した後、電動で持ち運び可能なベビースマイルを購入しました。 

ベビースマイル

【価格】4,238円(Amazon最安値)

【種類】電動式(電池)

【メリット】片手で操作できる

【デメリット】音がうるさい

お手頃な値段とデザインで選んでしまいました!電池式ということで、メルシーポットよりも吸引力は落ちます

それでも、口で吸うタイプのものよりも扱いやすく鼻水も取れる。しかも、持ち運び可能なので、逃げ回る2歳児を捕まえた場所で吸引できるので助かっています。

お手入れも簡単。頭の部分を取り外して水洗いするだけです。

細長い形状のゴムを使用すると奥の方の鼻水も取れますよ。

まとめ

我が家で活躍中の3種類の鼻水吸引器をご紹介しました。

我が家では試行錯誤した結果、3種類も購入することになってしまったのですが、初めから電動のものにしておけば、1つで済んだのかなとも思います。

娘は鼻水吸引器を嫌がるので、結果的に電動式を2種類買うことになりました。

そうでなければ、メルシーポットが1台あれば十分だと思います。

子どもが鼻をかめるようになってからも、鼻水鼻づまりがひどい時に使用することもできます。

また、大人が使っても良いですから一家に1台あると便利ですね。

これから鼻水吸引器を購入予定の方の参考になれば幸いです。