アラフォーワーママのブログ

アラフォーワーママの育児記録+α

桔梗信玄生プリンをいただきましたよ

こんにちは。アラフォーワーママのミドリです。
山梨の銘菓と言えば信玄餅ですが、実は2つあることをご存知ですか?。
北杜市にある金精軒の「信玄餅」と甲府にある桔梗屋の「桔梗信玄餅」です。
県外の方のほとんどが「信玄餅桔梗屋」と思っていると思うのですが、「信玄餅」は金精軒の登録商標なのです。
2つの信玄餅はどう違うのか興味のある方もいらっしゃるかと思いますが、見た目はほとんど変わりません。個人的には金精軒の生信玄餅のほうが好きです。ただ、生信玄餅は製造から3日しか日持ちしないのと、とにかくパッケージが地味すぎてお土産としては華やかさに欠けます。

f:id:aroun40workingmother:20170819144959j:image

(金精軒HPより)

一方、桔梗信玄餅のほうは桔梗の花模様をあしらった袋や武田菱模様のパッケージが可愛い上に、商品アイディアも豊富です。

f:id:aroun40workingmother:20170819145016j:image

桔梗屋HPより)

たとえば、桔梗信玄餅の味をしたプリンやアイス、クレープ、ロールケーキ、キャラメルなどがあります。この中で、食べたことがあるのは、プリンとアイスだけです。他も試してみたいです。

f:id:aroun40workingmother:20170819190124j:image

ところで、先日信玄餅プリンをいただきました。とてもうれしい!

信玄餅プリンはまあまあ高価なので、自分で自宅用に買うことはあまりありません。

どちらかというとお使い物として購入することのほうが多いです。山梨県人同士では桔梗屋信玄餅はいただいたらうれしいものではありますが、あまりにも定番すぎて気がひけるときがあります。なので、信玄餅プリンやアイスが人気なのだと思います。

f:id:aroun40workingmother:20170819190102j:image

さて、信玄餅プリンはこんな感じで、信玄餅と同じような包装です。蓋に使い捨てのスプーンがついているので、会社などでお土産として配ってもその場で食べることができて便利です。

さすが、桔梗屋、細かいところまでよく気がつきます。

f:id:aroun40workingmother:20170819190247j:image

プリンそのものは、きなこの風味がする、クリームのようにやわらかいプリンです。このまま食べても十分甘くて美味しいです。黒蜜をかけると、信玄餅っぽさが増します。

f:id:aroun40workingmother:20170819190422j:image

たいてい1つ食べれば十分なのですが、今回は2つも食べてしまいました!ごちそうさまでした!