アラフォーワーママのブログ

育児・英語・絵本・アラフォーの美容などについて

タロットカードで占ってもらって感じたこと

f:id:aroun40workingmother:20170820072105j:plain

おはようございます。アラフォーワーママのミドリです。

先日ひょんなことからタロット占いをしてもらいました。

まだ勉強中の方なのですが、練習台になって占ってもらったんです。何を占ってもらったかというと仕事について。

アラフォーワーママは2015年に娘を出産した後、東京から山梨にUターン移住して、ここ2年ほど仕事は東京、生活は山梨という感じになっています。

このような生活スタイルを今後も続けていくか、それとも仕事のやり方を変えるか、今後のことをうっすらと考え始めていたところに、知り合いがタロット占いを勉強し始めたというので、占ってもらうことにしました。

 タロット占いの結果

3枚のカードで過去・現在・未来を占ってもらった結果は「 前向きな気持ちで変化を受け入れたが、理想と現実のギャップに戸惑っている状態。信念を持ち行動することが大事。多少の苦労や困難をもろともせず、粘り強く取り組むことで最後には成功する」というもの。

当たってる〜〜‼︎

未来のことはまだわからないけど、過去と現在の状況がどんぴしゃりです。(ちなみに、この知り合いの方はアラフォーワーママの仕事についてはよく知りません)

ということは、未来もアドバイス通りにすれば当たるということですよね!やる気出ました!がんばります〜〜‼︎

とても前向きな明るい気持ちになりました。

タロットで占ってもらって思ったこと

 カードから読み取れたことは良いことばかりではありませんでした。でも、占ってもらうときに大事なのは、自分の人生をより良くするためにどうすべきなのかを考えることではないでしょうか。

良いカードが出たからといって自分がそれに甘んじて手を抜いたり、慢心して周囲の人を傷つけるようなことがあったら、せっかくの良いカードが台無しです。

逆に、良くないカードが出ても、そこから読み取れる注意点を念頭において自分の行動や考え方を調整すれば、状況は好転する可能性が高くなります。

自分が気に入るようなカードや納得がいくようなカードが出なかったからといって、あるいはアドバイスがもらえなかったからといって、短期間に占い師の間を渡り歩くとか、何度も同じ人に占い直してもらうとかいうのは意味がないと思います。

 な〜〜んて偉そうなことを書いてしまいましたが、こんなふうに思えるようになったなんて、アラフォーワーママも成長したものです。若いころのアラフォーワーママは占いが大好きでしたので、よくネット占いや雑誌の占いを見ては一喜一憂しておりました。

30歳を過ぎてからはほとんど占いを見ることはなくなり、本当に久しぶりに占ってもらったんです。占いをまったく見ない時期が長いことあって、久しぶりに占ってもらったら、占いに対する見方そのものが変化していました。それもこれもこの十何年でいろんな経験をしたからだと思います。今後は占いとは適切な距離を保って付き合っていけそうです。

まとめ

タロット占いの場合、カードを引いたのは自分自身。結局、答えは自分の中にあるということなのではないでしょうか。

タロットにしろ手相にしろ占星術にしろ、占ってもらうときは、より良い未来を切り開くために、自分を見つめ直す機会にしたいものですね。